男鹿半島の観光ガイド

伝統行事のナマハゲで有名になっている日本海に突き出した半島

パソコン版・男鹿半島を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・男鹿半島を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

男鹿水族館GAO

400種類1万点の生き物を飼育展示している水族館

400種類1万点の生き物を飼育展示しているの男鹿水族館GAO

写真

はクリックすると拡大表示できます
男鹿半島の観光名所となっている男鹿水族館GAO

男鹿の観光スポットとなっている

男鹿水族館GAO。

男鹿半島の日本海を再現した2000匹の魚が泳ぐ男鹿水族館GAOの大水槽

日本海を再現した

2000匹の魚が泳ぐ大水槽。

男鹿水族館GAOの丸い水槽の中を同じ方向に泳ぐカタクチイワシ

丸い水槽の中を同じ方向に泳ぐ

カタクチイワシ。

色鮮やかな熱帯性の魚が見られる男鹿水族館GAOのサンゴ水槽

色鮮やかな熱帯性の魚が見られる

サンゴ礁水槽。

飼育が難しいため、展示も珍しい、秋田県の魚「ハタハタ」を見ることのできる男鹿水族館GAO

飼育が難しいため、展示も珍しい

秋田県の魚「ハタハタ」

お店では頭のない開きで販売され、その姿を見られないホッケが飼育展示されている男鹿水族館GAO

お店では頭のない開きで販売され

その姿を見られないホッケ。

男鹿水族館GAOの人気者となっているホッキョクグマ

水族館の人気者となっている

ホッキョクグマ。

のんびりと眠そうに泳ぐ、ゴマフアザラシ

少し眠そうにのんびりと泳ぐ

ゴマフアザラシ。

男鹿水族館GAOで、ナマコやヒトデに触れる磯の生き物タッチプール

ナマコやヒトデに触れる

タッチプール。

オリジナルグッズなど販売する男鹿水族館GAOのミュージアムショップ

オリジナルグッズなど販売する

ミュージアムショップ。

コメント

男鹿半島の西側に位置し、観光スポットの一つになっている男鹿水族館GAO。入館は有料です。

入口から1階、2階、3階と上りながら、魚を見て歩く、一方通行スタイルの水族館。最後3階まで行くと出口となるため、もう少し見たい場合は、エレベータで1階に下ります。

入ってすぐの所にある巨大水槽は、長さ15mに800トンの海水が入っていて、その一部はトンネルとなっているので、頭の上を魚が泳ぐ姿は海中散歩しているような感覚になります。

大型の動物としては、ゴマフアザラシ・ペンギン・ホッキョクグマ・アシカが飼育されていて、それぞれエサやりタイムがあるので、入館したら時間をチェックするようにしましょう。

イルカショーのような豪快なイベントはありませんが、エサを食べる姿を近くで見られたり、ハタハタやクラゲ水槽もあり、名物「しょっつる焼きそば」が食べられる展望レストランでは日本海を眺めながら食事もできます。