山寺の観光ガイド

年間80万人が訪れ、山形を代表する観光名所となっている霊場

パソコン版・山寺を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・山寺を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

立石寺

860年に円仁が創建と伝わる山頂に奥の院が鎮座する寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
860年に円仁が創建と伝わる山頂に奥の院が鎮座する立石寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
山頂に建てられている立石寺

山頂に建てられている立石寺。

(矢印のところ)

緑に囲まれる山の合間に立つ、立石寺・奥の院

緑に囲まれる山の合間に立つ

立石寺「奥の院」

山寺・立石寺で釈迦如来と多宝如来がまつられる奥の院・如法堂

釈迦如来と多宝如来を祀る

奥の院・如法堂。

山寺・立石寺にある高さ5mの阿弥陀如来像が安置される奥の院・大仏殿

高さ5mの阿弥陀如来像が安置される

奥の院・大仏殿。

断崖絶壁に突き出すように立つ、山寺の奥の院・五大堂

断崖絶壁に突き出すように立つ

奥の院・五大堂。

山寺の五大堂は展望台となっていて、立石寺の奥の院の人気スポット

五大堂は展望台となっていて

奥の院の人気スポット。

石段を登った人だけが見られる山寺・立石寺の五大堂から眺める景色

五大堂から眺める景色。

登ってきた疲れも癒やされる絶景。

山寺・立石寺にある国の重要文化財に指定されている三重小塔(三重の塔)

国の重要文化財に指定されている

三重小塔(三重の塔)

山寺・立石寺で最も古い建物とされる写経を収める納経堂

境内で最も古い建物とされている

写経を収める納経堂。

飲み物やお土産品が置かれた山寺・立石寺の休憩スペース

飲み物やお土産品を販売する

奥の院の休憩スペース。

コメント

円仁(慈覚大師)の創建と伝わり、山寺の呼び方で有名になっている立石寺(りっしゃくじ)。参拝には入山料が必要になります。

奥の院のある場所は標高400mに位置し、山麓の登山口から参道石段を800段ほど登る必要があり、手軽に参拝することはできません。

奥の院は、山深い場所にありますが、驚くことに大小10以上の建物が立ち並んでいます。

見どころの一つが、五大明王をまつり、世の中の平和を祈って建てられた五大堂。五大堂は展望台にもなっていて、断崖の見晴らしの良い場所にあるため、眼下に広がる景色を一望でき、とても綺麗でした。長い石段を登ってきた疲れを癒してくれる景色が広がっています。