山寺の観光ガイド

年間80万人が訪れ、山形を代表する観光名所となっている霊場

パソコン版・山寺を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・山寺を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

参道石段

800段の階段が奥の院まで続く、山寺の名物となっている参道

800段の階段が奥の院まで続く、山寺の名物となっている参道石段

写真

はクリックすると拡大表示できます
「奥の院」の入口となる山門から山頂を目指し登山開始

「奥の院」の入口となる山門。

ここから山頂を目指し登山開始→

スタートした直後から始まる山寺の参道石段

スタートした直後から始まる

長い長い石段。

山寺の参道石段にある地獄と極楽の境目とされる場所で石像が置かれた姥堂

地獄と極楽の境目とされる

石像がまつられた姥堂。

山寺の参道石段を登っていると目の前に突き出す大きな岩

しばらく登っていると

目の前に突き出す大きな岩。

石段の両脇には杉が立ち並び、緑に囲まれている山寺の参道石段

石段の両脇には杉が立ち並び、

緑に囲まれている参道。

さらに進むと見えてくる阿弥陀如来が描かれている山寺の弥陀洞

さらに進むと見えてくる

阿弥陀如来が岩に描かれる弥陀洞。

山寺の参道石段を600段ほど登った所で現れる仁王門

600段ほど登った所で現れる

仁王門。

山寺の仁王門を越え、さらに登ると見えてくる奥の院の建物

仁王門を越え、登り続けると

見えてくる山頂の建物。

山寺の参道石段で後ろを振り返ると標高が高いことが実感できる景色

ここで後ろを振り返ると

標高が高いことが実感できる景色。

800段の石段を登り切り山頂にある山寺の「奥の院」に到着

そして、800段の石段を登り切り

山頂にある「奥の院」に到着。

コメント

山寺の名物となっている800段続く参道石段。奥の院へは入山料が必要になります。

山門から山頂の「奥の院」までは、標高250m→400m、距離500m、時間にして20分~30分くらいかかります。

スタートして、平坦な道はほとんどなく、ずっと階段なので体力に自信のない人には、結構、キツイです。必要ない物は置いて、なるべく手軽にして、歩きやすい靴でチャレンジしてみましょう。

石段は大変ですが、周りは緑豊かな自然が広がり、随所に見学スポットもあるので、あっと言う間に山頂へたどり着くと思います。