会津若松の観光ガイド

古くは城下町として発展した古い街並みや歴史文化の残る観光名所

パソコン版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

茶室「麟閣」

千利休の子「少庵」が建てたと伝えられる茶室

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
千利休の子「少庵」が建てたと伝えられる茶室「麟閣」の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
鶴ヶ城の本丸にたたずむ茶室「麟閣」

鶴ヶ城の本丸で静かに佇む

茶室「麟閣」

当時の姿がそのまま保存されている貴重な茶室「麟閣」

当時の姿のままで保存されている

貴重な茶室。

少庵が木を削り造った赤松の床柱などのある室内も見学可能な茶室「麟閣」

少庵が木を削り造った

赤松の床柱など室内も見学可能。

茶室「麟閣」の立つ庭を眺めながら抹茶をいただくことのできる茶屋

茶室の立つ庭を眺めながら

抹茶をいただくことのできる茶屋。

コメント

天守閣から南東方向へ100mほど離れた場所に建っている茶室の麟閣(りんかく)。見学は有料です。

千利休が豊臣秀吉の怒りに触れて死を命じられた際、蒲生氏郷が利休の茶道が途絶えるのを恐れ、利休の子「少庵」を会津若松にかくまり、その時、少庵が建てたと言われています。

戊辰戦争後、鶴ヶ城が取り壊される時、城外へ移築されたため、難を逃れ、1990年に現在の場所へ復元されました。

鶴ヶ城との共通割引券も販売されているのでペアで見学しましょう。