会津若松の観光ガイド

古くは城下町として発展した古い街並みや歴史文化の残る観光名所

パソコン版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

白虎隊士自刃の地

お墓や慰霊碑が立てられている白虎隊十九士が自刀した場所

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
お墓や慰霊碑が立てられている白虎隊十九士が自刀した場所の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
緑豊かな小さな飯盛山が白虎隊自決の地

緑豊かな小さな飯盛山が

白虎隊士自刃の地。

石段を上がった所にあり、今でも多くの人が訪れる白虎隊自刃の地

石段を上がった所にあり

今でも多くの人が訪れる場所。

山の中腹に築かれている白虎隊十九士の墓

山の中腹に築かれている

白虎隊十九士の墓。

会津若松にある密かに埋葬された歴史のある白虎隊の墓

白虎隊十九士の墓について

密かに埋葬された歴史。

白虎隊十九士の霊像が安置される宇賀神堂

白虎隊十九士の霊像が安置される

宇賀神堂。

自刃した白虎隊で唯一生き残った飯沼貞吉の墓

自刃した白虎隊で唯一生き残った

飯沼貞吉の墓。

白虎隊士自刃の地から遠くを望む鶴ヶ城の天守閣

遠くを望むように立つ白虎隊石像。

その先に見えるのは鶴ヶ城。

白虎隊も見たであろう鶴ヶ城の天守閣

白虎隊も見たであろう鶴ヶ城。

(矢印のところが天守閣)

コメント

木々に覆われ、静かな飯盛山の中腹に位置する「白虎隊士自刃の地」。見学は自由です。

1868年、戊辰戦争が勃発し、鶴ヶ城を死守すべく戦うことになった会津藩は、10代の若者を集め、白虎隊を結成しました。しかし、白虎隊は前線や防衛拠点へ投入されるが焼け石に水、戦局は撤退を余儀なくされ、飯盛山へ逃げ延びました。

そこで、白虎隊が見た光景は守るべく鶴ヶ城が炎上する姿で、その瞬間に落城したものと思い、若い20人が自刃し、19人が死亡しました。実際には、他の建物が燃えていて、天守閣は炎上してなく、落城もありませんでした。

現在は、石段を上がった小高い場所に、ひっそりとお墓や慰霊碑が立てられていて、眼下に会津若松市内や鶴ヶ城を見渡せます。