上野の観光ガイド

広大な公園の中にミュージアムや観光スポットが点在する文化芸術の街

パソコン版・上野を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・上野を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

上野東照宮

1627年に創建された徳川家康をまつる神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1627年に創建された徳川家康をまつる上野東照宮の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
上野公園の園内にある上野東照宮

上野公園の園内にある

上野東照宮。

2014年に修復が行われ創建当時の黄金色がよみがえった上野東照宮の唐門

2014年に修復が行われ

創建当時の黄金色が復活した唐門。

上野東照宮で国の重要文化財に指定される50基の銅燈籠

国の重要文化財に指定される

50基の銅燈籠。

非常に珍しい状態で水屋に吊り下げられている上野東照宮の鈴

非常に珍しい状態で

水屋に吊り下げられている鈴。

上野東照宮は修復工事により、重厚な輝きがよみがえった拝殿

修復工事により、

重厚な輝きがよみがえった拝殿。

上野東照宮で修復工事が行われる前に撮影した拝殿

修復工事が行われる前の拝殿。

(2007年に撮影)

上野東照宮では手が届く距離で見学できる唐門の彫刻や装飾

手が届く距離で見学できる

唐門の彫刻や装飾。

200枚以上の生き物が彫られ、向こう側が透けて見える特徴のある上野東照宮の透塀

200枚以上の生き物が彫られ、

向こう側が透けて見える透塀。

コメント

徳川家康の遺言で寛永寺に創建後、1651年に徳川家光によって大規模な造営が行われ、金箔が貼られる金色殿と呼ばれるようになった上野東照宮。

参拝は自由となっていますが、本殿・幣殿・拝殿の見学は拝観料が必要となります。

関東大震災や東京大空襲を逃れ、多くの建物が江戸時代の創建当時の状態で残り、本殿・幣殿・拝殿・唐門・透塀などが国の重要文化財に指定されています。

2014年には大規模な修復工事が行われ、金色殿がよみがえりましたが、それに伴い、本殿の内部は非公開となりました。