東京駅の観ガイド

駅舎の復原や商業ビルの開業で注目度の上がった東京のランドマーク

パソコン版・東京駅を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・東京駅を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

国会議事堂「見学ツアー」

日本の政治の中枢となる国会議事堂に入れる見学ツアー

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
日本の政治の中枢となる国会議事堂に入れる見学ツアーの360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
正面左が衆議院、右が参議院となる国会議事堂

正面左が衆議院、右が参議院となる

国会議事堂。

受付で参観手続きが完了すると職員さんと一緒に見学する国会議事堂

受付で参観手続きをして

職員さんに連れられて議事堂見学。

国会議事堂の見学ツアーで一番の見どころはニュースで目にする衆議院議場

見学ツアーで一番の見どころは

テレビで目にする本会議場(衆議院)

国会議事堂の本会議場の天井に設置されている唐草模様のステンドグラス

本会議場の天井に設置されている

唐草模様のステンドグラス。

見学ツアーの最後は国会議事堂をバックに記念写真

見学ツアーの最後は

国会議事堂をバックに記念写真。

衆議院と参議院の見学ツアー受付入口

参議院の見学ツアー受付入口。

衆議院の受付はここから50m先。

コメント

17年の歳月をかけて1936年に完成した政治の中枢である国会議事堂の見学ツアー。

事前予約なしに誰でも申し込みができて無料で見学できます。1時間ほどの見学ツアーは、衆議院と参議院に分かれていて受付場所も別となっています。受付は共に国会議事堂の裏側(西側)にあります。

流れとしては、受付で申込書に住所や氏名を記入し、手荷物検査をしてツアー開始までロビーで待機します。その後、ガイドの職員さんに連れられて団体行動となり、中央吹抜・御休所・貴族室・本会議場などの建物内を見学します。最後は外に出て国会議事堂をバックに記念写真が撮れます。

場所が場所だけに緊張感もありますが、知らないことばかりで驚きが多く、国会議事堂に中庭があることにビックリでした。

どちらを見学するのが良いか。衆議院と参議院の両方を見学してみて大きな違いはありませんでしたが、衆議院の方は平日だけでなく土日も見学が可能で、更に本会議場だけですが撮影OKとなっています。ちなみに議事堂内は全面撮影禁止です。