横浜山手町の観光ガイド

開港に伴い外国人居留地として発展し、今も多くの洋館が残る街

パソコン版・横浜山手町を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・横浜山手町を紹介する観光ガイドの地図

地図の施設は右上の[MENU]から選択できます

山手234番館

1927年に外国人向けのアパートとして建てられた住宅

1927年に外国人向けのアパートとして建てられた住宅となっている山手234番館

写真

はクリックすると拡大表示できます
上げ下げ窓や暖炉がある洋風住宅の山手234番館

上げ下げ窓や暖炉がある洋風住宅の

山手234番館。

家具や小物を配置し、当時の生活を再現している山手234番館

家具や小物を配置し

当時の生活を再現している室内。

山手234番館がアパートだったことが実感できるエントランスにある4つの玄関ドア

アパートだったことが実感できる

エントランスにある4つの玄関ドア。

山手234番館の建物中央にある光庭の役目は部屋の採光と浴室の湿気対策

部屋の採光と浴室の湿気対策に

利用されていた建物中央の光庭。

コメント

1927年に外国人の民間集合住宅として建てられた「山手234番館」。入館は無料です。

修復・復元を経て1999年に一般公開されましたが、外国人向けアパートとしては横浜に唯一現存する貴重な建物となっています。

外観から共同住宅には見えませんが、玄関を入るときに注意して4つあるドアを見てみてください。