鎌倉の観光ガイド

鎌倉幕府の誕生から八百年、多くの寺院や歴史的建造物の残る古都

パソコン版・鎌倉を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・鎌倉を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

建長寺

鎌倉五山第一位の格式を誇る、1253年に北条時頼が創建したお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
鎌倉五山第一位の格式を誇る、1253年に北条時頼が創建した建長寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
臨済宗・五山第一の建長寺

五山第一の寺格となっている

臨済宗の建長寺。

2005年に重要文化財に指定された二階建構造の建長寺山門

2005年に重要文化財に指定された

二階建構造の山門。

1255年に造られ、重さ2.7トンの国宝に指定されている建長寺の梵鐘

1255年に造られ、重さ2.7トン

国宝に指定されている梵鐘。

開山大覚禅師(蘭渓道隆)の作庭と国の史跡の方丈庭園

開山大覚禅師(蘭渓道隆)の作庭、

国の史跡「方丈庭園」

パキスタン政府から寄贈された釈迦苦行像

パキスタン政府から寄贈された

釈迦苦行像。

建長寺創建時に植えられたと伝わる樹齢700年以上のビャクシン

建長寺創建時に植えられたと伝わる

樹齢700年以上のビャクシン。

コメント

開山は宋の僧侶・蘭渓道隆 (大覚禅師)によって開かれ、北条時頼が創建した歴史ある建長寺。参拝には拝観料が必要です。

法堂が特別公開されていたため、中に入ってみると、パキスタン政府から唯一国外へ持ち出しが許可された釈迦苦行像が安置されていました。お釈迦様が極限の苦行や断食を行っている姿のようで、普段、目にする仏像とは明らかに違い、驚くばかりでした。ガンダーラ文明の遺産でパキスタンの博物館に置かれている像を元に複製が造られ、2005年愛知万博で展示後、ここ建長寺に寄贈されたようです。