江の島の観光ガイド

周囲4kmの小さな島に様々な観光スポットがある人気の景勝地

パソコン版・江の島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・江の島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

江島神社

552年に建立された三女神をまつり、3つのお宮のある神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
552年に建立された三女神をまつり、3つのお宮のある江島神社の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
竜宮城のような瑞心門が特徴の三宮からなる江島神社

竜宮城のような瑞心門が立ち

三宮からなる江島神社。

1206年、源實朝の創建と伝わる1つ目となる江島神社の辺津宮

1206年、源實朝の創建と伝わる

1つ目のお宮となる「辺津宮」

日本三大弁財天の一つ、江の島弁財天を祀る江島神社の奉安殿

日本三大弁財天の一つ

江の島弁財天をまつる奉安殿。

金運アップのパワースポット御霊水で自分のお金を洗う江島神社「銭洗い」

金運アップのパワースポット

御霊水で自分のお金を洗う「銭洗い」

輪をくぐることで身を清め、祈願する江島神社の「茅の輪」

輪をくぐることで身を清め

祈願する「茅の輪」

江島神社の辺津宮は恋愛の神様としても有名で絵馬がかけられる「むすびの樹」

辺津宮は恋愛の神様としても有名で

絵馬がかけられる「むすびの樹」

853年、慈覚大師(円仁)の創建の2つ目のお宮となる江島神社の中津宮

853年、慈覚大師(円仁)の創建

2つ目のお宮となる「中津宮」

江島神社の中津宮の参道には展望台があり、鎌倉方向が眺められる美しい景色

中津宮の参道には展望台があり

鎌倉方向が眺められる展望スポット。

1842年に再建された江島神社の境内の一番奥にある3つ目の奥津宮

1842年に再建された

一番奥にある3つ目の「奥津宮」

江島神社の奥津宮の天井に描かれている八方にらみの亀

奥津宮の天井に描かれている

八方にらみの亀。

コメント

辺津宮・中津宮・奥津宮と3つのお宮からなり、それぞれに海の守護神である女神をまつる江島神社。参拝に拝観料は必要ありません。

江の島の奥へ向かって参道を歩いていると順番にお宮が出てきます。

最初に出てくる辺津宮(へつのみや)には、広島の宮島、滋賀の竹生島と並び、日本三大弁財天の一つに選ばれる江の島弁財天があり、奉安殿(要拝観料)に裸弁財天と八臂弁財天がまつられています。

2つ目の中津宮(なかつのみや)は、美人・美白など女性のパワースポットとして注目されています。

3つ目の奥津宮(おくつのみや)にある鳥居は1182年に源頼朝が奉納したもので、八方にらみの亀を含めて見学ポイントとなっています。