横須賀の観光ガイド

アメリカ海軍も駐留する軍港として発展した異国情緒あふれる港町

パソコン版・横須賀を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・横須賀を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

記念艦「三笠」

戦艦として1902年に建造された国内に現存する唯一の軍艦

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
戦艦として1902年に建造された国内に現存する唯一の軍艦となっている記念艦「三笠」の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
貴重な歴史遺産として地中に設置された状態で公開されている記念艦「三笠」

貴重な歴史遺産として公開されている

記念艦「三笠」

戦艦「三笠」の甲板上でひときわ目立つ存在の30センチ主砲

甲板上でひときわ目立つ存在の

30センチ主砲。

現代とは違いシンプルな造りの戦艦「三笠」の操舵室

現代の艦船とは違い

シンプルな造りの操舵室。

東郷平八郎も使用した、豪華な家具が置かれ、装飾が施された戦艦「三笠」の長官公室

装飾が施され、家具が置かれる

東郷平八郎も使用した長官公室。

砲員の人形を使い装填を再現した戦艦「三笠」の15センチ副砲

砲員の人形を使い装填を再現した

15センチ副砲。

戦艦「三笠」で、自由に砲身を動かすことのできる8センチ補助砲

自由に砲身を動かすことのできる

8センチ補助砲。

建造当時のまま残っている「みかさ」と書かれた艦尾の艦名板

建造当時のまま残っている

「みかさ」と書かれた艦尾の艦名板。

解説を聞きながら三笠の艦内を見学するガイドツアーも開催

解説を聞きながら艦内を見学する

ガイドツアーも開催。

コメント

国内に唯一現存する戦艦として三笠公園の岩壁で一般公開している記念艦「三笠」。見学は有料です。

三笠は全長122m、排水量15140トン、速力18ノットを誇った戦艦で英国の造船所で1902年に造られました。

30センチ砲×4門、15センチ砲×14門、魚雷管などを装備した当時最新鋭艦で、東郷平八郎が率いる日本海海戦でロシアのパルチック艦隊を撃沈したことでも有名になっています。

そのような三笠は関東大震災で損傷し、港で水没してしまい廃艦となりました。その後、太平洋戦争の空襲から逃れるも、部材撤去などで荒れ果て、更に娯楽施設として利用されたりしましたが、保存運動により、1961年に現在のような形で復元されました。

週末には所要時間60分のツアーガイドも開催されていて、艦内の解説だけでなく、当時どのような生活をしていたのか、いろいろなエピソードが聞けてとても良かったです。オススメします。