川越の観光ガイド

小江戸と呼ばれ、商人の町として発展した歴史文化の残る観光地

パソコン版・川越を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・川越を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

時の鐘

高さ16m、川越のシンボルとして親しまれている鐘楼

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
高さ16m、川越のシンボルとして親しまれている鐘楼の時の鐘の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
日本の音風景100選に選ばれ、川越の観光スポットとなっている時の鐘

日本の音風景100選に選ばれる

時の鐘。

昔も今も変わらず、鐘を叩いて時を知らせている時の鐘

昔も今も変わらず

鐘を叩いて時を知らせている鐘楼。

鐘楼の下は通路になっていて、間近で見学が可能な川越の時の鐘

鐘楼の下は通路になっていて

間近で見学が可能。

時の鐘の奥に静かにたたずむ、眼病にご利益がある薬師神社

「時の鐘」の奥にたたずむ

眼病にご利益がある薬師神社。

コメント

今から400年前、川越藩主だった酒井忠勝によって建てられた「時の鐘」。外観の見学のみ可能。

城下町に時を知らせていた鐘ですが、1893年の火災によって焼失したため、その後、再建されました。

現在は一日4回(6・12・15・18時)に鐘を鳴らしています。ちなみに機械式の鐘つき機が付いているので全自動のようですが、大晦日だけは人の手で突いているようです。