川越の観光ガイド

小江戸と呼ばれ、商人の町として発展した歴史文化の残る観光地

パソコン版・川越を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・川越を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

川越大師喜多院

830年創建、川越大師と呼ばれ親しまれている徳川ゆかりのお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
川越大師と呼ばれて親しまれている徳川ゆかりの川越大師喜多院の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
多くの歴史的建造物が残っている川越大師喜多院

多くの歴史的建造物が残っている

川越大師喜多院。

比叡山延暦寺第18代座主をまつる川越大師喜多院の大師堂(慈恵堂)

比叡山延暦寺第18代座主をまつる

大師堂(慈恵堂)

江戸時代初期の建築様式が見られる高さ13mの多宝塔がある川越大師喜多院

江戸時代初期の建築様式が見られる

高さ13mの多宝塔。

喜怒哀楽の表情が特徴となっている川越大師喜多院の五百羅漢

顔に喜怒哀楽の表情を浮かべ

538体が鎮座している五百羅漢。

様々な苦痛を取り除くと言われている苦ぬき地蔵尊の立つ川越大師喜多院

様々な苦痛を取り除くと言われる

苦ぬき地蔵尊。

たくさんのダルマが境内に並ぶ、1月3日開催の川越大師喜多院名物「だるま市」

たくさんのダルマが境内に並び

1月3日に開催される「だるま市」

コメント

徳川家とゆかりがあり、建物の多くが重要文化財に指定される川越大師喜多院。境内の参拝は自由ですが、客殿書院と五百羅漢は拝観料が必要になります。

客殿に「徳川家光誕生の間」、書院に「春日局化粧の間」があり、共に国の重要文化財に指定されています。

かつて喜多院は火事により全焼してしまったことがあり、その時に徳川家光が命じて自分の住む江戸城の御殿を喜多院へ移築しました。それが客殿となっていて、今となっては現存する江戸城の貴重な建物になっています。