川越の観光ガイド

小江戸と呼ばれ、商人の町として発展した歴史文化の残る観光地

パソコン版・川越を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・川越を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

川越城本丸御殿

1848年に建てられた東日本で唯一現存している本丸御殿

1848年に建てられた東日本で唯一現存している川越城本丸御殿

写真

はクリックすると拡大表示できます
廊下の長さは40mにもなる川越城本丸御殿

廊下の長さが40mにもなる

川越城本丸御殿。

来客の待機部屋として利用した広さ36畳の大広間のある川越城本丸御殿

来客の待機部屋として使用していた

広さ36畳の大広間。

川越城本丸御殿の大広間にある仕切りの「杉戸絵」と麻の葉の「欄間」

大広間にある

仕切りの杉戸絵と麻の葉の欄間。

江戸湾の警備について話をする川越城本丸御殿の家老詰所の様子を再現

江戸湾の警備について話をする

家老詰所の様子を再現。

コメント

1848年に城主・松平斉典によって建てられた川越城本丸御殿。入館は有料です。

建物は格式が高く、かつ大規模で、当時1000坪の敷地に16棟が建てられていました。

その後、川越城の多くの建物は解体されましたが、役所として再利用された玄関や大広間が現存していて見学できます。