川越の観光ガイド

小江戸と呼ばれ、商人の町として発展した歴史文化の残る観光地

パソコン版・川越を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・川越を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

仙波東照宮

国指定重要文化財、徳川初代将軍家康をまつる神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
国指定重要文化財、徳川初代将軍家康をまつる神社の仙波東照宮の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
木々に覆われ、喜多院の南側で静かにたたずむ仙波東照宮

喜多院の南側に立っている

仙波東照宮。

遠くから見学することのできる朱色の鮮やかな拝殿の奥が家康像をまつる本殿

少し離れた所から眺める拝殿。

拝殿の奥が家康像をまつる本殿。

色鮮やかな拝殿に施されている極彩色の彫刻

色鮮やかな拝殿に施されている

極彩色の彫刻。

三つ葉葵の御紋が付けられている拝殿前の扉

三つ葉葵の御紋が付けられている

拝殿前の扉。

コメント

日光東照宮と久能山東照宮を含め、日本三大東照宮の一つに数えられている仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)。見学は自由です。

徳川家康が亡くなり、久能山から日光へ運ぶ途中、ここ喜多院で四日間にわたり、法要が営まれたことから1633年に建立されました。

多くの建物が残されていて、本殿・拝殿・唐門・瑞垣・随身門・石鳥居は国の重要文化財に指定されています。

入口の扉は閉まっているので遠くから拝殿を眺めることになりますが、祭典の行われる日は入れるようです。