野島崎の観光ガイド

青い太平洋と白い灯台がシンボルとなっている房総半島最南端の岬

パソコン版・野島崎を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・野島崎を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

海底透視船

ガラスの船底から海中の生き物を観察できる遊覧船

ガラスの船底から海中の生き物を観察できる海底透視船

写真

はクリックすると拡大表示できます
船の中央に大きなガラス窓がある野島崎の海底透視船

船の中央に大きなガラス窓がある

海底透視船。

ガラスを通して海底が眺められ、ダイビングをしている気分の海底透視船

ガラスを通して海底が眺められ、

ダイビングをしている気分。

魚は良く見えない透明度でガラスから見えた海底の様子

ガラスから見えた海底の様子。

魚は良く見えない透明度。

海中観察が終わり、帰る時に遊覧船から見える野島崎灯台

海中観察が終わり、帰る時に見える

野島崎灯台。

コメント

船の中央に大きな穴が空いていて、その船底がガラスでできている海底透視船。

このようなグラスボートは、結構、乗ってきたので、本当に魚が見れるのか不安でもありました。透明度の低い海や魚の集まる珊瑚礁などがないと、ほとんど魚を見ることができないのが自然界です。餌付けしていれば別ですが、結論から言うと魚は見れませんでした。

基本的に、船がゆっくりと進みながらの海中観察なので、必死で海底を見ていると船酔いしそうでした。動いている船から魚を見つけるのは難しいので、魚が住んでそうな場所で船を止めて観察したいところでした。