水戸の観光ガイド

茨城県の中央に位置し、水戸黄門や納豆で有名な歴史や文化の残る街

パソコン版・水戸を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・水戸を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

好文亭

水戸藩主・徳川斉昭が茶会などを開くために建てた別邸

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
水戸藩主・徳川斉昭が茶会などを開くために建てた水戸の好文亭の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
ツツジが赤い花を付け、美しい偕楽園の中にある好文亭

ツツジが赤い花を付け、美しい

偕楽園の中にある好文亭。

竹の間、桜の間、紅葉間など10室の和室からなる好文亭の奥御殿

竹の間・桜の間・紅葉間など

10室の和室のある奥御殿。

床に写り込む光が綺麗な総板縁でスリ漆塗りの大広間のある好文亭

床に写り込む光が特徴的な

総板縁でスリ漆塗りの大広間。

偕楽園好文亭にあるエレベータの先駆けとも言える食事を3階へ運ぶ、お膳運搬装置

エレベータの先駆けとも言える

食事を3階へ運ぶ、お膳運搬装置。

好文亭の楽寿楼と呼ばれる最上階の3階・和室

楽寿楼と呼ばれる

最上階となる3階にある和室。

最上階は開放感があり、眼下には千波湖が見渡せる展望

最上階は開放感があり、

眼下には千波湖が見渡せる展望。

コメント

偕楽園の園内にあり、当時、詩歌や茶会が開かれていた優雅な建物の好文亭(こうぶんてい)。室内見学は有料となります。

四畳半の狭い部屋から大広間まで、様々な目的で使用されていた部屋が20部屋ほどあり、入口からは想像できないくらい大きな造りで、建築様式なども見どころとなっています。

特に、最上階の部屋からは眺めが良く、オススメのビュースポットです。