水戸の観光ガイド

茨城県の中央に位置し、水戸黄門や納豆で有名な歴史や文化の残る街

パソコン版・水戸を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・水戸を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧弘道館

1841年に建立され、当時は国内最大規模を誇っていた藩校

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1841年に建立され、当時は国内最大規模を誇っていた藩校の旧弘道館の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
藩士教育のために創建された旧弘道館

藩士教育のために創建された

旧弘道館。

試験官のもと、武術のテストが行われていた「対試場」と呼ばれる旧弘道館の広場

試験官のもと、武術テストが行われた

対試場と呼ばれる広場。

礼儀や歴史、数学、音楽、剣術、射撃など幅広く教育していた藩校の旧弘道館

礼儀・歴史・数学・音楽・剣術など

幅広く教育していた藩校。

トイレとお風呂など様々な部屋が見学可能な旧弘道館

様々な部屋が見学可能で

写真は、トイレとお風呂。

200年以上の歴史ある笠間焼の陶器も販売中

200年以上の歴史文化のある

笠間焼の陶器も販売中。

旧弘道館の廊下に貼ってあったポスターには、8時10分、二百枚の雨戸を開ける文字

廊下に貼ってあったポスター。

「8時10分。二百枚の雨戸を開ける」

コメント

藩士の学問や武術を教育するために、水戸藩第九代藩主・徳川斉昭が建てた藩校の旧弘道館。入館は有料です。

1841年当時、国内で一番大きな藩校として建立され、現存する建物の面積は200坪もあり、正庁・至善堂・正門は国の重要文化財に指定されています。

無料駐車場があるため、車のアクセスも良いです。