日光の観光ガイド

世界文化遺産、歴史的建造物の二社一寺を中心とした人気の観光名所

パソコン版・日光を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・日光を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

日光田母沢御用邸

1899年、大正天皇の静養のため造られた御用邸

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1899年、大正天皇の静養のため造られた日光田母沢御用邸の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
当時としては最大規模になった日光田母沢御用邸

当時としては最大規模となった

日光田母沢御用邸。

広い敷地には遊歩道も整備されていてのんびりと散策も可能な日光田母沢御用邸

広い敷地には遊歩道も整備されていて

のんびりと散策も可能。

イスも用意されている縁側から眺める日光田母沢御用邸の中庭

イスも用意されている

縁側から眺める中庭。

2000年、柱や壁、基礎に至るまで大規模な修復工事を行い、リニューアルした日光田母沢御用邸

2000年に柱・壁・基礎に至るまで

大規模な修復を行い、リニューアル。

薄暗い室内でひときわ印象の強かった学問所

薄暗い室内で

ひときわ印象の強かった学問所。

当時の姿を今も残すレトロな照明スイッチ

当時の姿を今も残す

レトロな照明スイッチ。

日光田母沢御用邸の建物や歴史を紹介する映像コーナー

御用邸の建物や歴史を紹介する

映像コーナー。

戦時中は疎開先にもなった日光田母沢御用邸

戦時中は疎開先にもなった

日光田母沢御用邸について。

コメント

広さ12000坪、部屋数106室、国の重要文化財に指定されている日光田母沢御用邸。入館は有料です。

江戸・明治・大正時代に渡り、移築や改築が行われたため、建物には年代の特徴が残っていて、柱・壁・装飾など見所が多くあります。

実際には部屋数が多すぎて迷路のようになりましたが、日光東照宮のにぎやかさと対照的で、ここ御用邸を訪れる人は少なく、静かで真夏の暑さも建物内では過ごしやすかったです。観光途中に、のんびりとしたい方は、特にオススメします。