富士山の登山ガイド

標高3776m、2013年に世界文化遺産に登録された日本一の名峰

パソコン版・富士山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・富士山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

富士宮ルート(五→七合目)

富士山頂まで最短で登ることのできる登山道の富士宮ルート

富士山頂まで最短で登ることのできる登山道の富士宮ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
富士宮ルートの五合目にある登山口から山頂目指して富士山の登山スタート

標高2400m、五合目の登山口。

ここから山頂目指して登山スタート→

登り始めてすぐに見える富士山頂はその高低差は、実に1300m

登り始めてすぐに見える富士山頂。

その高低差は、実に1300m。

朝早いため、眼下の雲海が綺麗で後ろの山は南アルプス

朝早いため、眼下の雲海が綺麗。

後ろの山々は南アルプス。

富士宮ルートのスタートから15分で六合目に到着し、ココから眺める景色も絶景で宝永山のプリンスルートの分岐点

スタートから15分で六合目に到着。

宝永山プリンスルートとの分岐点。

富士宮ルートの六合目から登山道は険しくなるため、ここからが富士山の登山本番

六合目から登山道は険しくなるため、

ここからが本格的な登山。

右手に見えてくる、1707年に大噴火して誕生した富士山の宝永山

右手に見えてくる、1707年に

大噴火して誕生した宝永山。

富士山は意外にも花が咲いていて、こちらは高山植物のイタドリ

この辺りは意外にも花が咲いていて、

こちらは高山植物のイタドリ。

急な登山道が長く続き、見えてきたのが富士宮ルート七合目の山小屋

急な登山道が長く続き、

見えてきたのが七合目の山小屋。

富士宮ルートから振り返ると緑の森、白い雲海、青い空の絶景

ここで、振り返ると目の前は絶景。

緑の森、白い雲海、青い空。

富士山の標高3000mの富士宮ルート七合目に到着

標高3000mの七合目に到着。

※富士宮ルート(七合目→山頂)へ続く。

コメント

富士山に4つある登山ルートのうち、一番標高の高い2400mから登れるため、最短距離で山頂が目指せる富士宮ルート。

吉田ルートに次いで2番目の人気コースになっていて、山頂までは高低差1370m、距離4000m、時間の目安は4時間30分~6時間で、体力に自信ない人は更に時間がかかります。

このルートは、富士山の南側を登るため、駿河湾や伊豆半島などが眺められ、眼下の景色がとても綺麗です。その反面、直射日光をまともに受けるので日焼け対策も必要。富士宮ルートは方角からして日の出をほとんど見ることが出来ないため、ご来光の前までには山頂に到着する必要があります。

また、吉田ルートと違って、登山道と下山道が一緒のため、場所によっては混雑などあるかもしれません。

掲載した写真は、登山シーズンが終わった9月上旬に登ったときのものです。この日は、天気が非常に良く、朝6時から登り始め、11時前には山頂に立つことができました。人混みや渋滞することもなく、のんびりと眼下の絶景を眺め、写真を撮りながら、最高の登山になりました。