甲斐駒ヶ岳の登山ガイド

日本百名山に選ばれる、花崗岩の山頂が美しい南アルプス屈指の名峰

パソコン版・甲斐駒ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・甲斐駒ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(双児山→山頂)

山頂が目の前に見え、景色も眺められる甲斐駒ヶ岳の人気登山コース

原生林が茂り、景色も眺められる甲斐駒ヶ岳の人気登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
甲斐駒ヶ岳山頂を目指し、双児山をスタート

※登山道(北沢峠→双児山)の続き。

山頂を目指し、双児山をスタート→

目の前に姿を現す甲斐駒ヶ岳の山頂

目の前にドンと姿を現す

甲斐駒ヶ岳の山頂。

しばらく平坦な道が続いた後の急坂の連続

しばらく平坦な道が続いた後、

次は急坂の連続。

急坂を登り切ると休憩にも最適な駒津峰に到着

急坂を登り切ると

休憩にも最適な駒津峰に到着。

駒津峰からは景色が一変、甲斐駒ヶ岳を象徴する岩場

駒津峰からは景色が一変、

甲斐駒ヶ岳を象徴する岩場。

白い山肌と見上げる高さが雄大な甲斐駒ヶ岳山頂方向の景色。

山頂方向の景色。

白い山肌と見上げる高さが雄大。

すぐに急坂となる甲斐駒ヶ岳の登山道は赤いマーカーに沿って進む

急坂となる登山道は

赤いマーカーに沿って進む。

甲斐駒ヶ岳の登山コース最大の難所が現れ手を使い、岩場を登る

このコース最大の難所が現れ、

手を使い、岩場を登る。

いくつもの岩場を越えて振り向くと眼下に見える、険しい甲斐駒ヶ岳の尾根

いくつもの岩場を越えて振り向くと

眼下に見える、険しい尾根。

360度の大パノラマが広がる甲斐駒ヶ岳に登頂

そして、大パノラマの広がる

甲斐駒ヶ岳に登頂。

コメント

駒津峰から山頂までは、岩場続きでかなり体力を使う登山ルートとなっています。

駒津峰から20分ほど進んだところに、六方石と呼ばれる巨石があり、ここでコースは二つに分岐していて、左へ進むと岩場の直登コース、右は砂礫コースとなっています。今回は、岩場を登りたかったので、左の直登コースを選びましたが、ほとんどの人は、こちらを登っていました。それほど危険な岩場ではないため、行きは直登コースで登り、帰りは砂礫コースで下山するのが良いと思います。

なお、登山口の北沢峠から山頂まで、トイレ・山小屋はありませんでした。