妙高高原の観光ガイド

妙高戸隠連山国立公園の標高800m付近に広がる自然豊かな高原

パソコン版・妙高高原を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・妙高高原を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

苗名滝

日本の滝百選に選ばれている、落差55mの滝

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
日本の滝百選に選ばれている、落差55mの妙高高原・苗名滝の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
妙高高原の観光名所となっている苗名滝

展望台から眺める

落差55mの苗名滝。

苗名滝の下流にかけられている長さ50mほどの吊り橋

展望台までは吊り橋を渡り、

山の遊歩道を歩いて向かう。

苗名滝の滝壺の見える場所までは遊歩道のない岩場歩き

展望台の先にある滝壺までは、

川の中の岩場歩き。

岩場を歩いた先に見えてくる苗名滝の大きな滝壺

岩場を歩いた先に見えてくる

苗名滝の大きな滝壺。

苗名滝の名物となっている流しそうめん

苗名滝の名物となっている

流しそうめん。

ニジマスやイワナを釣って焼いて食べられる苗名滝の釣り堀

ニジマスやイワナを釣って

焼いて食べられる釣り堀。

コメント

春の雪解け、夏の納涼、秋の紅葉と妙高高原の観光名所となっている苗名滝(なえなたき)。見学は無料です。

駐車場のある滝入口から歩いて10分ほどの所に展望台があり、そこから滝を眺めることができます。

展望台までは、山みちを歩いたり、吊り橋を渡ったり、階段を上ったり、変化のある遊歩道となっています。実際に展望台からの眺めは、滝まで200mほど離れているので思ったより、小さく感じました。

ほとんどの人は展望台で見て帰っていましたが、滝壺まで行くこともできます。掲載した写真のように川の中の岩場を歩き、乗り越えて行く必要がありますが、眺めも迫力も展望台とは比べものになりません。