火打山の登山ガイド

日本百名山、様々な高山植物が咲きほこる花の群生地として有名な山

パソコン版・火打山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・火打山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(登山口→高谷池)

笹ヶ峰高原からスタートする火打山登山の定番コース

笹ヶ峰高原からスタートする火打山登山の定番コースとなっている登山道

写真

はクリックすると拡大表示できます
笹ヶ峰高原にある登山口から山頂を目指し登山スタート

笹ヶ峰高原にある登山口。

ここから山頂を目指し登山スタート→

スタート直後は、木道が整備された遊歩道を進む火打山の登山道

スタート直後は、

木道が整備された遊歩道を進む。

しばらく歩くと綺麗な水の流れる黒沢渓流を通過する火打山の登山道

しばらく歩くと綺麗な水の流れる

黒沢渓流を通過。

黒沢渓谷を過ぎると、勾配のある通称で十二曲りに突入する火打山の登山道

黒沢渓谷を過ぎると、勾配のある

通称「十二曲り」に突入。

火打山登山道の途中でよく見かけるヒメシャジン

登山道の横でたくさん咲いていた

ヒメシャジン。

十二曲りを過ぎ、標高1800mを超えるとさらに急坂となり、一番の難となっている火打山の登山道所

標高1800mを越えると

さらに急坂となる登山道。

火打山の登山道にある急坂を登り切ると、妙高山の分岐点となっている富士見平

急坂を登り切ると

妙高山との分岐点「富士見平」

登山道を少し歩くとやっと見えてきた火打山の山頂

少し歩いていると

やっと見えてきた火打山の山頂。

先ほどまでの急坂がウソのように緩やかな上りが続く火打山の登山道

そのあとは今までの急坂が一変し

緩やかな上りが続く登山道。

火打山の登山道の前半が終わり、山小屋の建っている高谷池に到着

そして、山小屋のある高谷池に到着。

※登山道(高谷池→山頂)へ続く。

コメント

標高1300mの笹ヶ峰高原から登り始める火打山の登山コース。山頂までは、高低差1162m、距離8000m、時間にして3時間30分~4時間かかります。

山小屋に泊まり、妙高山と合わせて2座を登る人も多い定番コースですが、この日は日帰りしました。往復16kmは距離が長く、かなり疲れました。

一番、大変な場所はスタートから45分ほどで差し掛かる黒沢→富士見平の急坂。標高1600m→2060mを一気に登る必要があり、岩場が続いたり、景色が全く望めない、我慢の登山になります。ここを過ぎると、あとは山頂直下まで、急坂は少なく、比較的のんびりと登山できました。