御嶽山の観光・登山ガイド

2014年に噴火が発生して甚大な被害を出した、大きなすそ野の独立峰

パソコン版・御嶽山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・御嶽山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

王滝頂上

標高2937m、最高峰・剣ヶ峰が目の前に見える展望の良い場所

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高2937m、最高峰・剣ヶ峰が目の前に見える展望の良い王滝頂上の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
標高2937m、御嶽山の王滝頂上は殺風景な砂地の広がる大地

標高2937m、王滝頂上。

殺風景な砂地の広がる大地。

御嶽山の王滝頂上にある御嶽神社奥社本宮

こちらが王滝頂上にある

御嶽神社奥社本宮。

2014年の噴火によって多くの死者が出た御嶽山頂直下の八丁ダルミ

2014年の噴火で多くの死者が出た

山頂直下の八丁ダルミ。

近くにはかつて噴火のあった地獄谷があり、今も活火山のため噴煙が上がる御嶽山

近くにはかつて噴火した地獄谷があり、

今も活火山のため噴煙が上がる光景。

コメント

登山口から登ってきて、王滝頂上に到着すると印象深い所でした。

目の前に、そびえ立つ、最高峰・剣ヶ峰は、まるで砂の山を想像するようなインパクトのある光景で、砂漠の大地と言った方が良いかもしれません。想像もしていなかった「八丁ダルミ」の美しい光景にしばらく景色を眺めていました。

このような何もない印象的な「八丁ダルミ」ですが、2014年の噴火時は隠れる場所がなく、多くの登山者が噴石の直撃を受け、亡くなられたそうです。今後は、噴火シェルターなどが設置されることと思います。

登山した当時でも、風向きによっては、くさいニオイがしていました。近くに、水蒸気が上がっている穴や地獄谷があるため、硫黄が噴出していました。