奥穂高岳の登山ガイド

長野と岐阜の県境に位置し、日本第三位の標高を誇る北アルプスの名峰

パソコン版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(横尾→涸沢)

上高地から梓川沿いを歩き、涸沢を通る奥穂高岳の定番登山コース

上高地から梓川を歩き、横尾・涸沢を経由する奥穂高岳の登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
奥穂高を目指し、横尾をスタートする奥穂高岳の登山コース

※登山道(上高地→横尾)の続き。

奥穂高を目指し、横尾をスタート→

多少のアップダウンはあるものの比較的、歩きやすい奥穂高岳の登山道

スタート直後はアップダウンは少なく

比較的、歩きやすい登山道。

奥穂高岳の登山コースをしばらく歩くと見えてくる断崖絶壁の屏風岩

しばらく歩くと見えてくる

断崖絶壁の屏風岩。

少しずつ、標高が上がり、目の前に現れる、吊り橋と北穂高岳

少しずつ、標高が上がり、

目の前に現れる吊り橋と北穂高岳。

本谷橋と呼ばれる小さな吊り橋ですが、意外とドキドキ感のある橋

吊り橋の架かる本谷橋は、

意外とドキドキ感のある橋。

本谷橋を渡ると奥穂高岳の登山道は、一気にキツイ急坂へ変貌

本谷橋を過ぎると

登山道は一気にキツイ急坂へ変貌。

しばらく急坂を登っていると目の前に見えてくる前穂高岳

しばらく急坂を登っていると

目の前に見えてくる前穂高岳。

秋に登ったため、涸沢の美しい紅葉が広がる奥穂高岳の登山コース

秋に登ったため、

美しい紅葉が広がる光景。

広い涸沢カールの中、目指す奥穂高岳が姿を現す

広い涸沢カールの中、

目指す奥穂高岳が姿を現す。

奥穂高岳の登山道は絶景の広がる涸沢に到着。

そして、絶景の広がる涸沢に到着。

※登山道(涸沢→奥穂高岳)へ続く。

コメント

奥穂高岳の登山コースの中盤となっている横尾→涸沢をこのページで紹介しています。

この区間だけでも、高低差700m、距離5kmもあるので、一つの山を普通に登山するくらいのコース内容です。

横尾の吊り橋を渡ると、本格的な登山道となり、さらに本谷橋からは急坂の連続となり、ドンドンと標高を上げます。途中、屏風岩や横尾本谷、北穂高岳、前穂高岳と順番に見ることができ、最後は奥穂高岳を眺めながら涸沢に到着となりました。このように、周りの景色が目まぐるしく変化するので、その点は急坂の疲れを忘れさせてくれる瞬間になると思います。