槍ヶ岳の登山ガイド

日本のマッターホルンとも呼ばれ、尖った山頂から登山者あこがれの山

パソコン版・槍ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・槍ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳)

上高地から登山スタートし、横尾・槍沢を経由する槍ヶ岳の登山道

上高地から登山スタートし、横尾・槍沢を経由する槍ヶ岳の登山道

写真

はクリックすると拡大表示できます
槍ヶ岳の山頂へ向けて槍ヶ岳山荘を出発

※登山道(天狗原分岐→山荘)の続き

山頂へ向けて槍ヶ岳山荘を出発→

槍ヶ岳の山頂までの登山道は岩に覆われる急勾配の連続

山頂までの登山道は

岩に覆われる急勾配の連続。

ロッククライミングで有名な槍ヶ岳の子槍

しばらくすると見えてくる子槍。

ロッククライミングで有名な岩壁。

すでに垂直に近く、登山道は落石などにも注意が必要

登山道は垂直に近い所もあり、

落石などにも注意が必要。

登山道でうしろを振り返ると槍ヶ岳山荘と屋根の景色が綺麗

ここでうしろを振り返ると

槍ヶ岳山荘と尾根の美しい景色。

滑落しないために三点確保が必要となり、クサリや鉄クイを使って登る槍ヶ岳の登山道

クサリや鉄クイを使って登る岩場。

滑落しないために三点確保が必要。

槍ヶ岳の登山道がどのような岩場なのか下から撮影

どのような岩壁なのか遠方から撮影。

(クリックすると拡大表示します)

岩から突き出すように設置される最後の難関とも言える山頂直下の鉄ハシゴ

岩から突き出すように設置される

山頂直下の鉄ハシゴ。

鉄ハシゴから下をみると槍ヶ岳を象徴するような断崖絶壁

鉄ハシゴから下を見たところ。

槍ヶ岳を象徴するような断崖絶壁。

上高地をスタートして、長かった登山も槍ヶ岳山頂に登頂

上高地をスタートして、

長かった登山も槍ヶ岳山頂に登頂。

コメント

上高地から20kmある長い登山道も、槍ヶ岳山荘までたどり着くと、あと一息で、下から尖った山頂を見ているだけでもワクワクします。最後のアタックをする前に、必要な荷物のみ持って、ザックは槍ヶ岳山荘に預けましょう。

下から見ているとホントに登れるのかと思ってしまうほどの岩場が続きますが、随所にハシゴやクサリが打ち込まれていて、足を置く場所も確保されています。また、上りと下りは別ルートとなっているため、思っていたよりもスイスイと登れました。

写真も掲載しましたが、山頂直下にある長いハシゴには驚きました。ハシゴの途中で写真を撮ろうと下を見たら、そこは100m以上の谷底で、さすがに背筋がヒヤヒヤしました。

初めて写真で槍ヶ岳を見て以来、いつか登ってみたい山の一つだったため、登頂したときの感動はいつも以上に大きかったです。多くの登山者があこがれる槍ヶ岳、晴天の続く、視界の良い季節を選んで、是非、チャレンジしてみて下さい。