山中温泉の観光ガイド

鶴仙渓の渓谷に沿って温泉地が広がる、1300年の歴史ある名湯

パソコン版・山中温泉を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・山中温泉を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

芭蕉堂

山中温泉へ立ち寄った松尾芭蕉を忍び、建てられたお堂

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
山中温泉へ立ち寄った松尾芭蕉を忍び、建てられた芭蕉堂の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
芭蕉をしのぶ全国の俳人によって、1910年に建てられた山中温泉にある芭蕉堂

芭蕉をしのぶ全国の俳人によって、

1910年に建てられた芭蕉堂。

芭蕉堂の中に置かれている松尾芭蕉の小像

お堂の中に置かれている

松尾芭蕉の小像。

コメント

鶴仙渓の黒谷橋の近くで、ひっそりと佇んでいる芭蕉堂。見学は無料。

1687年、松尾芭蕉は「奥の細道」の途中に山中温泉へ立ち寄り、9日間、滞在しました。その時、入った温泉が、大変、気に入り、そして、鶴仙渓を散策しながら、「この川の黒谷橋は絶景の地なり 行脚の楽しみここにあり」と絶賛したようです。