三国の観光ガイド

江戸時代に北前船の寄港地として繁栄した歴史と文化の残る街

パソコン版・三国を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・三国を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧岸名家

国の登録有形文化財に指定される、かぐら建ての商家

江戸時代に建設された三国独特のかぐら建て住宅の旧岸名家

写真

はクリックすると拡大表示できます
江戸時代に建設された三国の旧岸名家

江戸時代に建設された

旧岸名家。

三国の旧岸名家は、通り庭の土間を挟んで左が台所、右が座敷

笏谷石を敷き詰めた土間を挟み

左が台所、右が座敷。

三国の旧岸名家にあり、俳諧立机式と呼ばれる宗匠の就任式を再現した部屋

俳諧の立机式と呼ばれる

宗匠の就任式を再現した部屋。

三国の旧岸名家にある入口の扉は上に跳ね上げる蔀戸

入口の扉は上に跳ね上げる

蔀戸(しとみど)

コメント

木材商で財を築き、江戸末期に建てられた旧岸名家。入館は有料です。

三国独特の建築様式「かぐら建て」で建てられた2階建の町屋で国の登録有形文化財に登録されています。

1階は、商売をしていた帳場・座敷・台所・トイレ・ごえもん風呂・水琴窟などがあり、2階は三国ゆかりの文学者や俳諧の展示室となっています。