名古屋城の観光ガイド

築城400年を迎える名古屋城を中心に愛知を代表する観光名所

パソコン版・名古屋城を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・名古屋城を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

名古屋城(天守閣)

【閉館】 1612年に、徳川家康が築いた金のシャチホコが輝く名城

1612年に、徳川家康が築いた金のしゃちほこが空に輝く名古屋城の天守閣は木造天守として復元予定

写真

はクリックすると拡大表示できます
名古屋のシンボルとなっている名古屋城天守閣

2018年5月に閉館した

名古屋城天守閣。

名古屋城の弓なりに石垣を積み上げた大きく美しい天守閣台座

弓なりに石垣を積み上げた

大きく美しい天守閣台座。

小天守から眺める名古屋城天守閣の入口

小天守方向から眺める

天守閣の入口。

名古屋城天守閣の屋根の一番高い所で輝く金のシャチホコ

屋根の一番高い所に輝く

金のシャチホコ。

天守閣の中は名古屋城の歴史を紹介する資料館

天守閣の中は

名古屋城の歴史を紹介する資料館。

当時の暮らしを再現した名古屋城天守閣の城下町コーナー

当時の暮らしを再現した

城下町コーナー。

名古屋城天守閣で記念写真の撮影スポットとなった実物大の金のシャチホコ

一緒に記念写真が撮れる

実物大の金のシャチホコ。

名古屋城天守閣で特徴的な光景が最上階まで貫く、回り階段

天守閣で特徴的な光景が

最上階まで貫く、回り階段。

360度の景色が眺められる名古屋城最上階の7階に位置している展望フロア

360度の景色が眺められる

最上階7階の展望フロア。

名古屋城天守閣の展望フロアから良く見える名古屋駅の高層ビル群

展望フロアから良く見える

名古屋駅の高層ビル群。

コメント

関ヶ原の戦いに勝利した初代江戸幕府将軍・徳川家康によって築城された名古屋城。

名古屋のシンボルでもあった天守閣は、木造で建て替えのため、2018年5月7日に閉館したため、見学はできなくなりました。掲載した写真は2018年4月に撮影。

1959年に鉄筋コンクリート造で再現された天守閣でしたが、耐震性の問題なども浮上し、木造建築による復元計画が本格的に始まり、今回の閉館となりました。

解体は2019年より、行われないようなので、しばらくの間、天守閣を眺めることはできそうです。

全国で木造天守を復元したお城は、1994年復元の掛川城、2004年復元の大洲城など数は少なく、ビル8階建てに匹敵する高さ36mの名古屋城天守閣は、桁違いのスケールとなります。また、総工費500億円とも言われています。

いずれにしても、名古屋城の築城当時の姿を実際に見ることができることに期待がかかります。天守閣の完成予定は、2022年12月となっています。