名古屋城の観光ガイド

築城400年を迎える名古屋城を中心に愛知を代表する観光名所

パソコン版・名古屋城を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・名古屋城を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

名古屋市市政資料館

1922年建築、国の重要文化財に指定される旧裁判所庁舎

1922年建築、国の重要文化財に指定される旧裁判所庁舎の名古屋市市政資料館

写真

はクリックすると拡大表示できます
1979年まで使用されていた名古屋市市政資料館

1979年まで使用されていた

名古屋市市政資料館。

名古屋市市政資料館で、当時の公判が分かるように再現した名古屋控訴院第二号の法廷

当時の公判が分かるように再現した

名古屋控訴院第二号の法廷。

19世紀のバロック様式が特徴となっている名古屋市市政資料館の中央階段

19世紀のバロック様式が特徴の

中央階段。

罪と罰を天秤でイメージした名古屋市市政資料館の中央階段にあるステンドグラス

罪と罰を天秤でイメージした

中央階段のステンドグラス。

独房と雑居房が並ぶ地下に造られている名古屋市市政資料館の留置所

独房と雑居房が並ぶ

地下に造られている留置所。

名古屋名物の小倉トーストがある名古屋市市政資料館2階の喫茶室

名古屋名物の小倉トーストがある

2階の喫茶室。

コメント

1922年に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所として建設された名古屋市市政資料館。入館は無料です。

レンガを使って建てられたバロック様式が大きな特徴で、国内最古の控訴院庁舎となり、国の重要文化財に指定されています。

建物内は広く、展示物や見どころも多くあり、時代や歴史の長さを感じるところが随所にあります。

名古屋城からは少し離れていますが、オススメの観光スポットとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加