犬山の観光ガイド

愛知県の最北に位置し、かつて城下町として栄えた観光スポット

パソコン版・犬山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・犬山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

有楽苑

広さ4000坪、国宝の茶室など歴史的建造物のある日本庭園

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
国宝の茶室など歴史的建造物のある広さ4000坪の有楽苑の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
犬山の観光スポットとなっている有楽苑

犬山の観光スポットとなっている

有楽苑。

犬山の有楽苑は緑に覆われ、自然散策のできる庭園

園内は緑に覆われ

自然散策のできる日本庭園。

犬山の有楽苑にある国宝に指定されている茶室「如庵」

国宝に指定されている茶室

如庵(じょあん)

犬山の有楽苑にある国宝の如庵は、有楽窓や斜めの壁が施された貴重な茶室

国宝の如庵は有楽窓や斜め壁が

施されている貴重な茶室。

犬山の有楽苑にある国の重要文化財に指定される織田有楽斎が建てた旧正伝院書院

国の重要文化財に指定される

旧正伝院書院。

奈良県の徳源寺から移築された犬山の有楽苑の徳源寺唐門

奈良県の徳源寺から移築された

徳源寺唐門。

コメント

現存する国宝茶席3名席の1つがあることで有名な日本庭園の有楽苑(うらくえん)。入園は有料です。

如庵は、織田信長の実弟「織田有楽斎」が、1618年頃、京都建仁寺に建てた茶室で、現在は、ここ有楽苑に移築されています。室内は非公開となっていますが、格子窓から見ることができ、薄暗く、華やかさとは懸け離れた予想外の茶室でした。なお、年に数回、茶室内部に入れる特別公開もあるようです。

別の茶室「弘庵」では、抹茶セットをいただくことができるので、詳しくは受付入口で聞いて下さい。