伊賀上野の観光ガイド

松尾芭蕉の誕生地として知られ、忍者の里で有名な城下町として栄えた町

パソコン版・伊賀上野を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・伊賀上野を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

芭蕉翁生家

伊賀上野で生まれた松尾芭蕉が江戸へ向かう29歳まで過ごした家

伊賀上野で生まれた松尾芭蕉が江戸へ向かう29歳まで過ごした芭蕉翁生家

写真

はクリックすると拡大表示できます
室内は当時の生活を再現した松尾芭蕉が暮らした芭蕉翁生家

室内は当時の生活を再現した

芭蕉翁生家。

カマドがあり、炊事をしていた芭蕉翁生家の台所

カマドがあり、

炊事をしていた台所。

芭蕉翁生家の裏庭にある弟子が建てた無名庵跡

裏庭には弟子が建てた書斎のあった

無名庵跡。

1644年、この場所で生まれた芭蕉翁生誕の地

1644年、この場所で生まれた

芭蕉翁生誕の地について。

コメント

1644年に生まれた松尾芭蕉が29歳まで暮らしていた芭蕉翁生家。入館は有料です。

スタッフの人に聞いてみると、地震の影響で再建した所もあり、また戦後は一般の方が住んでいたようなので、どこまでが当時の姿を残しているかは良く分からないそうです。

母屋の奥には、芭蕉初めての句集「貝おほひ」を書いた、釣月軒と言う小さな書斎があります。複製ではありますが、その「貝おほひ」を入口の所に展示してあり、スタッフの方が丁寧に説明してくれます。