松阪の観光ガイド

江戸時代に活気のある城下町として繁栄した歴史と文化の残る町

パソコン版・松阪を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・松阪を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

本居宣長旧宅

松阪が誇る国学者の本居宣長が住んでいた住居

松阪が誇る国学者の本居宣長が住んでいた住居となっている本居宣長旧宅(鈴屋)

写真

はクリックすると拡大表示できます
松阪城跡に建ち、鈴屋と呼ばれる本居宣長旧宅

松阪城跡の静かな場所に立つ

本居宣長旧宅。

宣長の直筆や遺品などを展示する本居宣長記念館

宣長の直筆や遺品などを展示する

本居宣長記念館。

コメント

1730年に松阪の商家に生まれた国学者の本居宣長が72歳で亡くなるまで住んでいた本居宣長旧宅。入館は有料です。

本居宣長は、医師として働きながら、古事記・源氏物語・日本書紀などの歴史書を研究し、35年をかけて「古事記伝」執筆しました。

宣長が執筆していた書斎(鈴屋)が残っている本居宣長旧宅、宣長とゆかりのある品々1万点以上を収蔵する本居宣長記念館を見学することができます。

本居宣長旧宅は魚町と呼ばれる場所に立っていましたが明治時代になって現在の松阪城跡へ移築されました。旧宅のあった跡地は、旧長谷川邸の近くにあり、観光スポットになっています。なお、本居宣長旧宅と旧宅跡地は国の特別史跡に指定されています。