犬鳴山の観光ガイド

古くから修験道の修行場となっている山深く清流の流れる霊場

パソコン版・犬鳴山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・犬鳴山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

義犬の墓

犬鳴山の由来になっている義犬伝説が残るお墓

犬鳴山の由来になっている義犬伝説を伝える義犬の墓

写真

はクリックすると拡大表示できます
犬鳴山七宝瀧寺の参道の脇にある義犬の墓

参道の脇にある義犬の墓。

(矢印のところ)

禁足地として囲われている義犬の足跡が印された石がある犬鳴山七宝瀧寺の参道

禁足地として囲まれ

義犬の足跡が印されている石。

コメント

犬鳴山の由来になった伝説が現代に伝えられ、そのお墓が斜面の上の方に建てられている「義犬の墓」

昔、猟師がこの山で狩りをしていた時、弓を射ようとした瞬間に連れていた犬が激しく吠え、鹿が逃げてしまいました。怒った猟師はその場で犬の首を切りました。この時、大蛇が猟師を狙っていたため、飼主を守ろうと吠えていたのですが、犬は切られながらも大蛇に噛みつき、猟師を助け、死んでしまいました。

その後、愛犬に命を救われたことに気が付き、猟師は悔いて七宝瀧寺の僧侶となって愛犬を供養しました。この話を聞いた天皇が賞賛し、この山々に「犬鳴山」と勅号を与えたと伝えられています。