神戸異人館の観光ガイド

外国人建築家が設計した洋館が建ち並ぶ人気の観光スポット

パソコン版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

山手八番館

明治の終わりに建築された三連式塔屋が特徴の旧サンセン邸

明治の終わりに建築された三連式塔屋が特徴の旧サンセン邸となっている山手八番館

写真

はクリックすると拡大表示できます
玄関前に2体の鬼像が立っている山手八番館

玄関前に2体の鬼像が立っている

山手八番館。

ガンダーラやタイの仏像など仏教美術の展示を行う山手八番館

ガンダーラやタイの仏像など

仏教美術の展示。

山手八番館で、幸運をもたらすとして有名なサターンの椅子

幸運をもたらすとして

有名になっている「サターンの椅子」

山手八番館のサターンの椅子は座ると願いが叶うというパワースポット

サターンの椅子は彫刻が施され

座ると願いが叶うと言われる椅子。

アフリカの原始的な木彫りのマコンデ彫刻を展示する山手八番館

アフリカの原始的な木彫り

マコンデ彫刻。

ルノアール「裸婦」を始め、貴重な美術コレクションのある山手八番館

ルノアール「裸婦」を始め

貴重な美術コレクションも必見。

コメント

明治時代後期にサンセン氏の邸宅として建設された山手八番館。入館は有料です。

「サターンの椅子」は、テレビで紹介されたのを切っ掛けに神戸異人館のパワースポットとして有名になっています。

悪魔のような名前が付いていますが、ローマ神話の農耕神「サターン」の彫刻が椅子に施されていて、穀物を豊かに実らせる神にちなんで「願い事が実り叶う」と言われています。

サターンの椅子は2つ置かれていて、向かって、左側が男性、右側が女性と決まっていて、座って静かに願い事をします。