神戸異人館の観光ガイド

外国人建築家によって設計された異国情緒あふれる洋館の人気エリア

パソコン版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

萌黄の館

1903年築、ライトグリーンが特徴的なアメリカ総領事の旧邸

1903年に建てられた、アメリカ総領事の旧邸だった萌黄の館

写真

はクリックすると拡大表示できます
国の重要文化財に指定されている神戸異人館・萌黄の館

国の重要文化財に指定されている

萌黄の館。

テーブルやイスピアノまで当時の様子を再現した神戸異人館・萌黄の館

テーブルやイス・ピアノまで

当時の様子を再現。

神戸市内が望める窓ガラスが特徴的な萌黄の館の2階ベランダ

開放感ある窓の2階サンルーム。

神戸市内が望める展望。

阪神大震災の時に、屋根から落下した煙突を当時のまま、展示する萌黄の館

阪神大震災の時に屋根から落下した

煙突を当時のまま、保存展示。

コメント

1903年、アメリカ総領事シャープ氏の邸宅として建てられた萌黄の館(もえぎのやかた)。入館は有料です。

建物が、薄いグリーン(萌黄色)のため、萌黄の館と呼ばれています。窓や階段、煙突など当時の建築様式が残っていて、外壁に板を並べた下見板張りも珍しく、庭から良く見ることが出来ます。

2階のサンルームは、窓ガラスから入ってくる光と淡いグリーンの室内が大変美しく、設計者の思いが伝わるような雰囲気がありました。