神戸異人館の観光ガイド

外国人建築家が設計した洋館が建ち並ぶ人気の観光スポット

パソコン版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

萌黄の館

1903年に建てられたアメリカ総領事シャープ氏の旧邸

1903年に建てられたアメリカ総領事シャープ氏の旧邸となっている萌黄の館

写真

はクリックすると拡大表示できます
内装も外壁もライトグリーンに統一された萌黄の館

ライトグリーンに統一されている

萌黄の館。

神戸の街並みが眺められる萌黄の館の2階サンルーム

神戸の街並みが眺められる

2階サンルーム。

大きなバスタブが置かれている萌黄の館のバスルーム

大きなバスタブが置かれている

2階バスルーム。

萌黄の館でベッドを照らすように寝室の壁に設置されている照明

ベッドを照らすように

寝室の壁に設置されている照明。

萌黄の館の玄関の上に取り付けられているステンドグラス

玄関の上に取り付けられている

ステンドグラス。

阪神大震災の時に、屋根から落下した煙突を当時のまま、展示する萌黄の館

阪神大震災の時に屋根から落下した

煙突を当時の状態で保存展示。

コメント

1903年にアメリカ総領事シャープ氏の邸宅として建てられた萌黄の館(もえぎのやかた)。入館は有料です。

建物の外壁や室内が淡いグリーン(萌黄色)に統一されているため、萌黄の館と呼ばれていて、国の重要文化財に指定されています。

張り出し窓・階段・マントルピース・煙突・サンルーム・下見板張りの外壁など当時の建築様式を見ることができ、設計者の意匠が良く伝わってきます。

2016年には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の撮影も行われました。