神戸異人館の観光ガイド

外国人建築家が設計した洋館が建ち並ぶ人気の観光スポット

パソコン版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・神戸異人館を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

英国館

イギリス人建築士によって1909年に建てられた旧フデセック邸

イギリス人建築士によって1909年に建てられた旧フデセック邸の英国館

写真

はクリックすると拡大表示できます
イングリッシュガーデンのある英国館

イングリッシュガーデンのある

英国館。

室内は英国貴族が使用していた家具や置物を展示する英国館

英国貴族が使用していた

アンティーク家具が置かれる室内。

お酒の並ぶカウンターでは夕方からバーとして営業している英国館

お酒の並ぶ重厚なカウンターもあり

夕方からはバーとして営業。

名探偵シャーロックホームズが住んでいた221b部屋を再現している英国館

名探偵シャーロックホームズが

住んでいたロンドン部屋を再現。

1893年に発表した作品中の描写を忠実に再現したホームズの部屋

1893年に発表した作品の描写を

忠実に再現したホームズの部屋。

英国風のマントと帽子を着用して名探偵気分の自撮りが人気となっている英国館

英国風のマントと帽子を着用して

名探偵気分の自撮りが人気。

コメント

築100年を超え、家具や絵画などアンティークで統一されている英国館。入館は有料です。

シャーロックホームズの部屋を見学できることで有名になっていて、作品に登場する事件のワンシーンも工夫を凝らして再現されています。

ホームズになれるようにインバネスケープ(マント)とディアストーカー(帽子)も用意されていて、着て館内を自由に撮影できることから順番待ちができるほど人気となっていました。

異人館としては珍しく、夕方からはENGLISH PUB「KING of KINGS」に早変わりしてお酒の飲めるバーとしてオープンします。