ポートアイランドの観光ガイド

研究機関や様々な施設が集まり文化都市となっている神戸港の人工島

パソコン版・ポートアイランドを紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・ポートアイランドを紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

スーパーコンピュータ「京」

2012年完成、当時世界最高速の処理能力を誇ったスパコン

2012年完成、当時世界最高速の処理能力を誇ったスーパーコンピュータ「京」

写真

はクリックすると拡大表示できます
巨大フロアに設置されているスーパーコンピュータ「京」

巨大なフロア全体に設置されている

スーパーコンピュータ「京」

スーパーコンピュータ「京」はコンピュータの入るラックがズラリと並び、その数は800台

コンピュータの入るラックが

綺麗に並び、その数は800台。

一般公開されている1階のスーパーコンピュータ「京」の展示フロア

こちらは、一般公開されている

1階の展示フロア。

展示フロアには、スーパーコンピュータ「京」について写真やパネルで紹介

展示フロアには、

京について写真やパネルで紹介。

24枚のシステムボードが刺さる800台が設置されているスーパーコンピュータ「京」のラックを展示

800台、設置されているラックの展示。

この中に24枚のシステムボードが実装。

スーパーコンピュータ「京」にある4つのCPUが実装される水冷タイプのシステムボードの展示

こちらがシステムボードの展示。

4つのCPUを実装する水冷タイプ。

コメント

理化学研究所の計算科学研究機構に設置されているスーパーコンピュータ「京」。

2009年の事業仕分けで蓮舫議員が「2位じゃダメなんでしょうか」と発言したことで有名になりました。完成後、計算速度で世界一を達成したものの、あっさり、米国勢に抜かれてしまった経緯もあります。総事業費は1000億円以上でした。

「京」は、建物の6階に設置されていますが、普段は見学できません。年1回、開かれるイベントの一般公開日しか見ることができなく、掲載した写真は2014年10月25日の一般公開で撮影したものです。

1階にある展示フロアはいつでも見学ができ、ここには実際の基盤やラックが展示してあったり、京について紹介されています。見学は無料。

展示フロアには、「京」の稼働モニターがあり、それを見ると、24時間止まることなく、動いていて、CPU稼働率は60%、ジョブ数が300ほど動いていました。

そんな「京」ですが、事前の審査をパスし、結果を発表する条件であれば誰でも無料で使えます。勿論、非公開の有料使用も可能で1時間占有して使用した場合、120万円だそうです。CPUは80000個あるため、電気代は月2億円だそうです。