余部の観光ガイド

100年間、鉄道橋として親しまれた余部鉄橋で有名な観光スポット

パソコン版・余部を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・余部を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

餘部駅

観光スポットにもなっているJR山陰本線の無人駅

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
観光スポットにもなっているJR山陰本線の無人駅の餘部駅の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
余部橋梁の一番端にあるJR山陰本線の餘部駅

余部橋梁の一番端にある餘部駅。

(矢印のところ)

JR山陰本線の餘部駅のホームから眺める橋の方向の景色は、線路が一本延びる非電化の単線

駅のホームから眺める橋の方向。

線路が一本延びる非電化の単線。

待合所とトイレがあるだけの小さな無人駅となっているJR山陰本線の餘部駅

待合所とトイレがあるだけの

小さな無人駅。

解体した余部鉄橋の鉄骨を利用したホームのベンチが置かれるJR餘部駅

解体した余部鉄橋の鉄骨を利用した

駅ホームのベンチ。

日本海沿いの主要都市を結ぶJR山陰本線

日本海沿いの主要都市を結ぶ

JR山陰本線。

ワンマン運転が行われているJR山陰本線の車内の様子

ワンマン運転が行われている

車内の様子。

JR山陰本線の餘部駅を出発し、橋の上を通過時に見える眼下の景色

橋の上を列車で通過時に見える

眼下の景色。

余部橋は高さが40mあるため、北方向に眺められる日本海

橋の高さは40mあり、眺めが良く

北方向に見える日本海。

コメント

京都方面と山口方面を結ぶJR山陰本線の餘部駅。

列車を利用する人より、観光客の方が多く訪れる駅となっています。

橋と同じ高さにあるため、かつては狭い坂道を歩いて登っていましたが、エレベーターが設置されて楽々アクセスできるようになりました。ちなみに、坂道を歩きたい場合、入口は駅ホームの待合所の横にあります。