余部の観光ガイド

100年間、鉄道橋として親しまれた余部鉄橋で有名な観光スポット

パソコン版・余部を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・余部を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

余部鉄橋「空の駅」

廃止された余部鉄橋の一部を利用した地上40mの展望台

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
廃止された余部鉄橋を利用した地上40mの展望スポットとなっている余部鉄橋「空の駅」の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
観光施設としてオープンした余部鉄橋「空の駅」

観光施設としてオープンした

余部鉄橋「空の駅」

エレベーターも新設され、高さ40mまで楽にアクセスできるようになった余部鉄橋「空の駅」

エレベーターも新設され

高さ40mまで楽々アクセス。

余部鉄橋「空の駅」の展望台となっているかつて、鉄橋だった線路部分

展望台となっている

かつて、線路だった鉄橋の上。

新しい橋は、余部鉄橋「空の駅」と平行するように造られ、すぐ横を列車が通過

新しい橋は平行するように造られ

すぐ横を列車が通過。

足元はグレーチングとなっていて展望の良いベンチが設置される余部鉄橋「空の駅」

足元がグレーチングとなっている

眺めの良いベンチ。

ビル10階の高さに匹敵し、日本海も望める展望の良い余部鉄橋「空の駅」

ビル10階の高さに匹敵し

日本海も望める大展望。

大部分は解体撤去されてしまい現在残る余部鉄橋の先端部分

大部分は解体撤去されてしまい

現在残る余部鉄橋の先端部分。

使わなくなった線路は歩いたり、記念写真スポットで注目となっている余部鉄橋「空の駅」

使わなくなった線路は歩いたり

記念写真の撮影スポット。

コメント

2010年のオープン以来、人気の観光スポットとなっている余部鉄橋「空の駅」。入場は無料です。

2010年8月に新しい余部橋梁が完成し、古い余部鉄橋は解体撤去されることになりました。その時、100年の歴史を後世に伝えるため、一部を保存し、観光施設として生まれ変わりました。

かつての線路や枕木を始め、鉄橋の構造を近くで見たり、展望台として景色を眺めたり、タイミングが良ければ列車が横を通り過ぎます。

空の駅が完成した当時は、地上40mまで遊歩道を登るルートしかありませんでしたが、2017年11月にエレベーター「余部クリスタルタワー」が新設されて、わずか30秒ほどで楽に上れるようになりました。また、ガラス張りのエレベーター塔は夜になると、綺麗にライトアップされます。