彦根の観光ガイド

国宝に指定される彦根城を中心に栄えた歴史文化の残る城下町

パソコン版・彦根を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・彦根を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

彦根城「天秤櫓」

国指定重要文化財、橋を中心に左右対称の櫓が建つ貴重な建物

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
橋を中心に左右対称の櫓が建つ国内に現存する城郭で唯一の建物となっている彦根城「天秤櫓」の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
建物の中央が通路となっている彦根城の天秤櫓

建物の中央に橋が架けられている

彦根城の天秤櫓。

築城当時の「野面積み」が残る彦根城天秤櫓の石垣

築城当時の「野面積み」が残る

天秤櫓の石垣。

彦根城の建立から400年が過ぎる天秤櫓の建物内は見学可能

建立から400年が過ぎる

天秤櫓の建物内は見学可能。

彦根城の天秤櫓の柱や梁に残されている美しい模様はチョンナ目と呼ばれるノミ跡

柱や梁に残されている美しい模様は

チョンナ目と呼ばれるノミ跡。

彦根城の天秤櫓には廊下橋が架けられていて本丸へ通じる重要な通路

天秤櫓には廊下橋が架けられていて

本丸へ通じる重要な通路。

廊下橋は敵が攻めてくると破壊し、彦根城の本丸への侵入を阻止する「落とし橋」

廊下橋は敵が攻めてくると破壊し

本丸への侵入を阻止する「落とし橋」

彦根城の天秤櫓から少し上ったところにある「日本の音風景百選」の時報鐘

天秤櫓の近くにある

「日本の音風景百選」の時報鐘。

彦根城天秤櫓から山の上に見える石田三成が居城した佐和山城跡

天秤櫓から山の上に見える

石田三成が居城した佐和山城跡。

コメント

大手門と表門が合流する重要な場所に建てられている彦根城「天秤櫓」。彦根城の見学は有料です。

廊下橋を中心に左右対称の櫓が建てられていて全国でも彦根城しかない貴重な建物で、国の重要文化財に指定されています。

戦いとなれば城内で果たす役割が大きく、建物の壁は正面が強固に造られ、窓も鉄砲が撃ちやすいように取り付けられ、大きな特徴は廊下橋が「落とし橋」となっています。

また、石垣も時代を表していて、建物の右側は自然石をそのまま利用した築城当時の「野面積み」、左側は石を加工して1854年に積み上げた「打ち込みハギ」となっていて、近くで見ると違いが分かります。