彦根の観光ガイド

国宝に指定される彦根城を中心に栄えた歴史文化の残る城下町

パソコン版・彦根を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・彦根を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

楽々園

国の名勝、井伊直興によって建てられた彦根藩の下屋敷

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
国の名勝、井伊直興によって建てられた彦根藩の下屋敷となっている楽々園の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
書院造りで建てられている彦根城の楽々園

格式高い書院造りで建てられている

楽々園。

楽々園でひときわ大きな建物の御書院

楽々園でひときわ大きな建物の

御書院。

楽々園の御書院には4つの座敷があり、外から見学可能

御書院には4つの座敷があり

外から見学可能。

楽々園御書院の中で一番華やかな、壁や障子に金地が施された御上段

御書院の中で一番華やかな

壁や障子に金が施された御上段。

耐震構造で建てられていることから名付けられた楽々園の茶座敷「地震の間」

耐震構造で建てられていることから

名付けられた茶座敷「地震の間」

楽々園の由来になっている12代藩主直亮が建てた「楽々の間」

楽々園の由来になっている

12代藩主直亮が建てた「楽々の間」

コメント

1677年、彦根藩4代藩主・井伊直興によって造られた楽々園。見学は無料です。

江戸時代、広大な規模を誇っていた彦根藩の下屋敷だった場所で、現在は隣にある庭園を「玄宮園」、こちらの建物を「楽々園」と呼んでいます。

建物の老朽化により、2005年から20年をかけて復元修復・保存整備が行われ、御書院も大規模な解体修理が行われ、新しくなりました。