彦根の観光ガイド

特別史跡に指定される彦根城を中心とした歴史と文化の残る城下町

パソコン版・彦根を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・彦根を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

埋木舎

幕末の大老・井伊直弼が32歳までの15年間を暮らした屋敷

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
幕末の大老・井伊直弼が32歳までの15年間を暮らした屋敷の埋木舎の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
現在は国の特別史跡に指定されている埋木舎(うもれぎのや)

彦根城のお堀が目の前に広がる

白壁の美しい表玄関の埋木舎。

国の特別史跡に指定されている貴重な埋木舎の建物

国の特別史跡に指定されている

貴重な建物。

井伊直弼が勉強や生活をしていた埋木舎

井伊直弼が勉強や生活をした部屋も

一般公開。

実際に、井伊直弼が乗っていた籠を展示する埋木舎

実際に、井伊直弼が乗っていた

籠の展示。

250年前に立てられた埋木舎について

250年前に立てられた

埋木舎について。

木村拓哉主演映画「武士の一分」撮影が行われた埋木舎

木村拓哉主演映画「武士の一分」の

撮影が行われた場所。

コメント

1860年の「桜田門外の変」で暗殺されたことでも有名な井伊直弼が17~32歳までを過ごした埋木舎(うもれぎのや)。入館は有料です。

自らを生涯花咲くこともないと埋もれた木にたとえて「埋木舎」と呼んだようです。建物は、6年をかけて修復されているため、綺麗でした。室内に上がることはできませんが、説明や遺品などが展示されていて、当時の様子をうかがうことが出来ます。

2006年2月、木村拓哉主演映画の「武士の一分」が、表玄関の前で撮影されたことで注目になりました。