彦根の観光ガイド

国宝に指定される彦根城を中心に栄えた歴史文化の残る城下町

パソコン版・彦根を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・彦根を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

埋木舎

幕末の大老・井伊直弼が32歳までの15年間を暮らした屋敷

幕末の大老・井伊直弼が32歳までの15年間を暮らした屋敷となっている埋木舎

写真

はクリックすると拡大表示できます
国の特別史跡に指定されている彦根の埋木舎

国の特別史跡に指定されている

埋木舎。

井伊直弼が勉強や生活をしていた埋木舎の御居間

井伊直弼が勉強や生活をしていた

御居間(奥座敷)

実際に使用していた食器などの日用品も展示している彦根の埋木舎

実際に使用していた食器などの

日用品も展示。

井伊直弼が乗っていた駕籠を展示する彦根の埋木舎

井伊直弼が乗っていた駕籠。

(現在は修復した駕籠を展示中)

彦根の埋木舎にある、直弼が好きだった大島蓼太の俳句「むっとして もどれば庭に 柳かな」

直弼が好きだった大島蓼太の俳句

「むっとして もどれば庭に 柳かな」

木村拓哉主演映画「武士の一分」撮影が行われた彦根の埋木舎

木村拓哉主演映画「武士の一分」の

撮影が行われたことでも有名。

コメント

1860年の「桜田門外の変」で暗殺されたことでも有名な井伊直弼が17~32歳までを過ごした埋木舎(うもれぎのや)。入館は有料です。

自らを生涯花咲くこともないと埋もれた木にたとえて「埋木舎」と呼んだようです。建物は、6年をかけて修復され、室内に入ることはできませんが、生活用品や遺品などが展示されていて、当時の様子を伺うことができます。

2006年2月、木村拓哉主演映画「武士の一分」を表玄関で撮影されたことから注目になりました。