彦根の観光ガイド

国宝に指定される彦根城を中心に栄えた歴史文化の残る城下町

パソコン版・彦根を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・彦根を紹介する観光ガイドの地図

地図の施設は右上の[MENU]から選択できます

長寿院

1695年創建、弁財天像をまつり大洞弁財天と呼ばれているお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1695年創建、弁財天像をまつり大洞弁財天として有名な長寿院の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
大洞山の中腹に建てられている彦根の長寿院

彦根城から北東方向に鎮座する

長寿院。

石段の先でひときわ大きく見え、大黒天・白狐を祀る彦根の長寿院の楼門

石段の先でひときわ大きく建つ

大黒天・白狐を祀る楼門。

弁財天坐像が祀られている彦根長寿院の弁才天堂

国の重要文化財に指定されていて

弁財天像を祀る弁才天堂。

彦根の長寿院から距離にして1500mほど離れていて木々の間から見える彦根城天守閣

1500mほど離れていて

木々の間から見える彦根城天守閣。

コメント

四代目城主・井伊直興(なおおき)が領内の安泰を願って大洞山の中腹に建てた長寿院(ちょうじゅいん)。参拝に拝観料は必要ありません。

弁財天像が祀られていることから大洞弁財天と呼ばれていて、商売繁盛の御利益があるとして多く人に親しまれています。

日光東照宮を建立した大工を集めて弁才天堂は建てられ、彫刻が施された立派な権現造りの建物で国の重要文化財に指定されています。