多景島の観光ガイド

琵琶湖の東側に位置し、木々に覆われる周囲600mほどの小さな島

パソコン版・多景島を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・多景島を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

観光船

多景島へ唯一の交通アクセスとなっている定期観光船

多景島へ唯一の交通アクセスとなっている観光船

写真

はクリックすると拡大表示できます
竹生島への船もここから出航している彦根港にある多景島の観光船乗り場

彦根港にある観光船乗り場。

竹生島への船もここから出航。

乗船時間は20分、定員62名乗りの多景島観光船

定員62名乗りの観光船。

乗船時間は20分。

彦根港を出て直ぐに見えてくる山の上に立つ彦根城

彦根港を出て直ぐに見えてくる

山の上に立つ国宝の彦根城。

船尾がオープンデッキとなっていて目の前に見える多景島

船尾がオープンデッキとなっていて

目の前に見える多景島。

コメント

彦根城の近くにある彦根港から出港している多景島の観光船。

午前便は上陸できない周遊コースとなっていて、午後便が島へ入ることができます。船が多景島に到着して、30分間の散策時間があり、その後、元の船に乗って帰ります。30分あれば十分観光できるほどの小さな島ですが、帰りの出航時間に遅れないように気を付けましょう。詳しくは公式ホームページを見て下さい。

帰りは船が島を一周するので、多景島の名前の由来にもなっている、いろいろ変化する島の姿「多彩な景色」を見ることができます。と言うこともあり、帰りは、船の右側席に座ると良く見えます。