大津の観光ガイド

琵琶湖の南岸に位置し、古くから交通の要衝として栄えてきた町

パソコン版・大津を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・大津を紹介する観光ガイドの地図

地図の施設は右上の[MENU]から選択できます

義仲寺

400年前に創建されたと伝わる松尾芭蕉ゆかりのお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
木曽義仲と松尾芭蕉のお墓があることで有名な義仲寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
大津の観光スポットとなっている義仲寺

大津の観光スポットとなっている

義仲寺。

本堂の朝日堂や句碑が立ち並び、綺麗に整備されている義仲寺の境内は国指定史跡

お堂や句碑が立ち並ぶ境内は

国の史跡に指定。

遺言により、義仲寺を建てられた松尾芭蕉の墓

遺言により、この地に建てられた

松尾芭蕉の墓。

源頼朝の軍勢によって討死した武将・木曽義仲の墓がある義仲寺

源頼朝の軍勢によって討死した

木曽義仲の墓。

板絵15枚の天井図が飾られている義仲寺の翁堂

板絵15枚の天井図が飾られている

翁堂(おきなどう)

義仲寺で松尾芭蕉に関する資料を展示する史料館

松尾芭蕉に関する資料を展示する

史料館。

コメント

近江の粟津で戦死した武将・木曽義仲を供養するために建立されたと伝わる義仲寺(ぎちゅうじ)。参拝には拝観料が必要になります。

この地を気に入り、何度も足を運んだ松尾芭蕉は、大阪でなくなった後、「骸は木曽塚に送るべし」との遺言によって、この義仲寺に葬られました。

境内には、芭蕉ゆかりの句碑がたくさん立ち並び、その中に芭蕉を祭った翁堂があり、その室内には伊藤若冲作の天井画「四季花卉図」が飾られていて、見学ポイントとなっています。