奈良公園の観光ガイド

年間1300万人の観光客が訪れる奈良県を代表する観光名所

パソコン版・奈良公園を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・奈良公園を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

東大寺(奈良の大仏)

世界遺産、奈良の大仏さんと呼ばれて親しまれている寺院

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
世界遺産、奈良の大仏さんとして親しまれているの東大寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
木造建築物として世界最大級の大きさを誇る東大寺

木造建築物として世界最大級の

大きさを誇る東大寺の大仏殿。

高さ4m64cmの国宝・東大寺の八角燈ろう

大仏殿の前に立つ、高さ4m64cm

国宝指定の八角燈ろう。

東大寺大仏殿の中に安置されている奈良の大仏

巨大な大仏殿の中に安置されている

奈良の大仏。

東大寺の大仏さんは目の前で見ることができ、その大きさに圧倒される光景

大仏さんは目の前で見ることができ

その大きさに圧倒される光景。

「恐れることはない」と言う意味が込められている奈良の大仏さんの右手

「恐れることはない」と言う意味が

込められている大仏さんの右手。

奈良の大仏は後ろから見学することもでき、「光背」と呼ばれる大きな装飾

後ろからも見学することができ

「光背」と呼ばれる大きな装飾。

東大寺の人気スポットとなっている健康祈願で人気となっている柱の穴くぐり

健康祈願で大人気となっている

柱の穴くぐり。

東大寺大仏殿を支える巨大な柱に日射しが当たり、窓の格子模様が芸術的

大仏殿の中へ日射しが入り

明るく照らす窓の格子模様。

東大寺大仏殿の触った所の病気が治ると言われるびんずる様の木造

触った所の病気が治ると言われる

びんずる様の木造。

東大寺大仏殿の建物内に展示されている明治時代に撮影された写真

建物内に展示されている

明治時代に撮影された写真。

コメント

8世紀、聖武天皇の発願により創建された東大寺。参拝には拝観料が必要になります。

1998年、世界遺産に登録され、中でも大仏殿は世界最大級の木造建築物となっていて、その高さは48mあり、ビル12階建に相当します。

実際に大仏殿へ入ってみると少し暗く静寂な中に大仏さんが座っています。巨大な建物を支える柱の太さが直径1mもあり、聞けば、これだけ太い木がなかったため、丸太の周りに木を巻き付け、鉄の釘で固定し、強度を上げた一本柱を使用しているそうです。

そして、写真も掲載しましたが大仏さんの後にあるのが有名な柱の穴。この穴を通ると学問や健康に御利益があると言われ、子どもたちはドンドン通っていましたが、大人ではかなり厳しく、細い男性と女性はギリギリ通れると思います。通り抜けるコツは、手を伸ばして体を斜めにすることです。是非、チャレンジして見て下さい。

なお、東大寺の境内は広く、その中で拝観料が必要となるのは、大仏殿・法華堂(三月堂)・戒壇院の3カ所です。