大台ヶ原の観光・登山ガイド

日本百名山の一つ、原生林の大自然が広がる関西を代表する山

パソコン版・大台ヶ原を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・大台ヶ原を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

正木峠

山全体の木々が立ち枯れとなり、急速に森林破壊が進んだ峠

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
山全体の木々が立ち枯れとなり、急速に森林破壊が進んだ正木峠の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
緑のササが覆う中に木道が造られている大台ヶ原の正木峠

自然保護の木道が整備されている

正木峠。

大台ヶ原の正木峠の特徴となっているトウヒの立ち枯れ

正木峠の特徴となっている

トウヒの立ち枯れ。

大台ヶ原では、急速に森林破壊が進んだ結果、木々に変わり地面を覆うミヤコザサ

急速に森林破壊が進んだ結果

木々に変わり地面を覆うミヤコザサ。

木々がないため、開放感があり、眺めの良い大台ヶ原の正木峠

木々がないため

開放感があり、眺めの良い場所。

2005年11月に撮影した、たくさんの立ち枯れがあった昔の大台ヶ原の正木峠

多数の立ち枯れがあった昔の写真。

(2005年11月に撮影)

1963年には深い森に覆われていた正木峠を紹介する案内看板

1963年には深い森に覆われていた

正木峠を紹介する案内看板。

大台ヶ原の正木峠にはベンチも設置されていて景色を眺めながらの休憩に最適

峠にはベンチも設置されていて

休憩に最適。

眼下には志摩半島や太平洋も望め、のんびりと景色が楽しめる大台ヶ原の正木峠

眼下には志摩半島や太平洋も望め

のんびりと景色が楽しめる場所。

コメント

山全体が緑のミヤコザサに覆われ、景色を眺めながら散策のできる正木峠。

ほんの60年前まで、正木峠は全国的にも珍しい針葉樹のトウヒが森を形成していましたが、1959年、死者5000人を出した伊勢湾台風が大台ヶ原も直撃。多くの木が倒され、それ以降、太陽の日が届くようになった地面は、ササが大繁殖。ササを主食にしている鹿が急激に増え、トウヒなどの木の皮まで食べ尽くし、森が失われてしまいました。

2005年に初めて訪れた時は、たくさんの立ち枯れの木があり、言葉を失うほどのインパクトがありました。

近年では、枯れた木は少しずつ土に戻り、今では立ち枯れの木も少なくなり、かつてトウヒの森があったことも分からなくなりそうです。