吉野山の観光ガイド

3万本の桜の木が植えられ豊臣秀吉も花見を楽しんだ桜の名所

パソコン版・吉野山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・吉野山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

金峯山寺

世界文化遺産、役行者によって創建された修験道の根本道場

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
世界遺産に登録される役行者によって創建された修験道の根本道場となっている金峯山寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
参道に銅の鳥居が立っている吉野山の金峯山寺

参道に銅の鳥居が立っている

金峯山寺。

吉野山の金峯山寺の中央に植えられている4本桜と立派な蔵王堂

境内に植えられている4本桜と

国宝の蔵王堂。

吉野山金峯山寺の蔵王堂は高さ34mあり、東大寺大仏殿に次ぐ2位の大きさ

蔵王堂は高さ34mあり

東大寺大仏殿に次ぐ2位の大きさ。

1456年に再建され、国宝に指定されている吉野山の金峯山寺の仁王門

1456年に再建され

国宝に指定されている仁王門。

愛染明王像がまつられ、縁結びにご利益のある愛染堂のある吉野山の金峯山寺

愛染明王像がまつられ

縁結びにご利益のある愛染堂。

桜が咲き誇る中に立っている三重塔の南朝妙法殿

桜が咲き誇り

特徴的な三重塔の南朝妙法殿。

コメント

700年ころに修験道の開祖・役行者によって創建された金峯山寺(きんぷせんじ)。境内は自由ですが、蔵王堂の参拝には拝観料が必要になります。

歴史的建造物が残っていて、蔵王堂・仁王門は国宝に指定され、銅の鳥居・鐘楼・銅燈籠・二王門の金剛力士像・蔵王権現像三体は国の重要文化財に指定されています。

また、2004年には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されました。