吉野山の観光ガイド

3万本の桜の木が植えられ豊臣秀吉も花見を楽しんだ桜の名所

パソコン版・吉野山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・吉野山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

吉水神社

2004年に世界遺産登録された後醍醐天皇を主祭神とする神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2004年に世界遺産登録された後醍醐天皇を主祭神とする吉水神社の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
吉野山の観光名所としても人気の吉水神社

吉野山の観光名所となっている

吉水神社。

国の重要文化財に指定され、鎌倉時代の建築様式を残す吉水神社の書院

国の重要文化財に指定され

鎌倉時代の建築様式を残す書院。

兄・頼朝に追われた源義経が静御前と身を隠し住んでいた部屋のある吉水神社

兄・頼朝に追われた源義経が

静御前と身を隠し住んでいた部屋。

豊臣秀吉が愛用していた金屏風「桜の図」を展示する吉水神社

豊臣秀吉が愛用していた

金屏風「桜の図」

吉水神社の書院の室内は文化財を展示する歴史資料館

書院の室内は

貴重な文化財を展示する資料館。

吉水神社で、パワースポットとして注目される邪気祓い所「北闕門」

パワースポットとして注目される

邪気祓い「北闕門」

コメント

後醍醐天皇・楠木正成をまつり、豊臣秀吉が壮大な花見を開いたことでも有名な吉水神社。本殿の参拝は自由ですが書院の見学には拝観料が必要になります。

秀吉が指示し修繕した後醍醐天皇の「玉座の間」、源義経と静御前が最後に過ごした「潜居の間」など見学できます。

重要文化財に指定される「義経の鎧」を始め、一休和尚の墨書・水戸光圀の書状・本居宣長の書・秀吉の花見に関連する品々など貴重な文化財が展示されていて、見どころがたくさんあります。

なお、境内にある「一目千本」と言われる桜の展望台は別ページ「一目千本展望台」の方に掲載しています。